アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

2014年8月4日

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー

キーワード広告用語「登録情報連動型広告」

2014年8月4日

登録情報連動型広告は、必ずしもキーワード広告と一致しませんが、「とあるキーワード(情報)に沿って広告内容が決定・表示される」という意味では、広義のキーワード広告と言えるでしょう。

これは、SNSなどのユーザー登録と必要とするサイトで、年齢や性別、趣味、職業などといった登録情報にもとづいて広告を配信するシステムです。

アドワーズ広告やオーバーチュア広告のように短文構成とは限らず、バナー広告などを登録情報連動型広告として配信している場合もあります。

サイトによって独自のアルゴリズムがあり、ユーザーの登録情報や過去の閲覧情報などから、類推されるキーワード算出し、広告を配信します。

他のキーワード広告と同様に、これもユーザー関心を得やすい広告システムだと言えます。

キーワード広告用語「P4P」

2014年7月4日

キーワード広告でP4Pというネットマーケティング用語があります。

P4Pとは、ペイ・フォー・パフォーマンスを表現したもので、パフォーマンス=クリック回数に応じて広告料が決定されます。
つまりは、PPC広告、クリック課金型広告と同義です。
キーワード広告においてはこの課金方式が主流です。
代表的なものにはアドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告があります。

ちなみに、本来の英単語の意図からすると、パフォーマンスにあたる部分は必ずしもクリックではないのですが、現状はクリックとして定義されています。

もしかしたら将来は、クリック以外のパフォーマンスに課金するP4P広告システムが開発されるかもしれません。

キーワード広告や関連用語にある、いろいろな解釈方法

2014年6月6日

キーワード広告に関連する用語を理解することは、オンラインショップを運営するためには、不可欠な条件だといえます。

そのためには、いろいろな角度から情報収集をしていく必要がありますが、ひとつの用語に関して固定概念をもたないことが大切です。

つまり、それらの用語の意味や特徴については、専門家によって判断基準も違いますので、いろいろな解釈方法があることを理解する必要があります。

人間誰しも、最初に見聞きしたことが正しいと思い込む傾向があるため、それを軌道修正するのはほんとうに大変です。

そのため、ふだんから柔軟な解釈をするよう心がけておくと、別の解釈方法がでてきたときに慌てずに済むのです。

これは、キーワード広告だけでなく、いろいろな場面で応用できることだといえますね。

キーワード広告の関連用語を理解するために

2014年5月7日

キーワード広告に関連して、APSという専門用語がありますが、実は、この用語にはシステム関係 アフィリエイト関係の2種類が存在することを知る必要があります。

システム関係のASPは「アプリケーション サービス プロバイダー」、一方、アフィリエイト関係のASPは「アフィリエイト サービス プロバイダー」を略したものです。

つまり、キーワード広告に関連するASPといえば、「アフィリエイト サービス プロバイダー」ということになります。

このような事例は、いろいろな場面で見受けられることも少なくありませんが、同じジャンルに存在するときは、その意味について、きちんと理解していく必要があります。

そのためには、少しでも疑問を感じたことは、徹底して調べる習慣づけが大切ですね。