アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

2015年2月5日

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


専門用語の必要性(3)

2015年2月5日

それにしても、キーワード広告などのネット広告に関して、難しい専門用語がたくさんあることに改めて感心しています。

専門用語は、ただ丸暗記すれば実践で役立つものではありません。
自分のことばに置き換えて人に説明できなければ、ほんとうに理解できたとはいえないのです。

ある知人の勤め先の上司は、英文科卒の新入社員に「英語でけんかができるか?」と聞いたといいます。
たしかに乱暴とも取れる質問ですが、英会話を自分のものにするには、マニュアルにない部分が求められるのだと知ったエピソードです。

ネットビジネスの世界において、キーワード広告などを出す場合、専門用語の習得はやはり必要です。
疑問に思う専門用語は、その都度調べるようにしたいですね。


専門用語の必要性 (2)

2015年1月7日

日常生活のなかで難解な専門用語を必要とする場面は、キーワード広告などIT関連の専門用語だけではありません。

たとえは飛躍しますが、盲導犬を育成するとき、犬に指示することばには英語が使われています。
「レフト」「ライト」という短い単語を使うことにより、犬が混乱することを避けられるからです。
 
専門用語を使う大きな理由は、お互いの情報を共有するためです。
また、目の前の相手と対話するのだったら、対象物を指差して意思の疎通をはかることができますが、物理的距離がある場合は専門用語なしでは話が進まないのです。

キーワード広告を出すときや、ネットマーケティングをするときのためにも、難しい専門用語にチャレンジしましょう。


専門用語の必要性(1)

2014年12月3日

キーワード広告とは、検索ボックスに入力したキーワードを含む広告のことをいいます。
顧客が、商品情報を調べるときや、特定のホームページを表示させるとき、関連するキーワードを検索ボックスに入力して広告の絞り込みをします。 

特定のホームページのURLがわかっているときは、アドレスバーに入力する方法もありますが、慣れない横文字を入力するよりも検索ボックスを使ったほうが速いですね。

ところで、キーワード広告に限らず、専門用語を使わないと意味が通じない場合がよくあります。
特に電話で相手と話をするときには、専門用語は大切な役割を果たすのです。

IT関連の専門用語は横文字が多いため難しいですが、いっしょに苦手を克服しましょう。


キーワード広告用語「その他関連用語など」

2014年10月31日

・Yahooプリモーション広告
 キーワード広告のひとつで、Yahooに広告掲載している。
・アドワーズ広告
 キーワード広告のひとつで、Googleに広告掲載している。
・キーワードアドバイスツール
登録キーワードの関連語句や除外語句、検索数の把握など、広告配信会社が提供するツール。
 Yahooプリモーション広告では、関連キーワードと月間予想検索数が分かる。
 アドワーズ広告では、関連キーワードが表示されるため、類語検索能力が高い。
・リーチ
ターゲット顧客が広告媒体を見るという意味だが、同じユーザーに対する配信回数との関係で使われることもある。
・インプレッション
 対象となるキーワードの一定期間の検索数・表示回数・検索回数・トラフィックのこと。