アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

12月 8th, 2016

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


サラリーマンの副業と就業規則

12月 8th, 2016

サラリーマンが副業を始めるためには、越えなければならないハードルがあります。
それは、勤務先に副業の許可を得られるかどうかということです。

深刻な不況を反映して、副業に関しては寛大な対応をする企業も増えてきましたが、「就業規則」によって副業を禁止、あるいは届出を義務づけているところもたくさんあります。

副業のなかには体を使った仕事もあり、勤務中にけがをすることも考えられます。
その結果、勤務先とトラブルにならないためにも、副業を始めるときにはきちんと届出をすることをお勧めします。

公務員の副業は「国家公務員法」や「地方公務員法」で原則として副業禁止ですが、個々のケースにもよりますので、所属部署で相談してください。


コンテンツ連動型広告とLPO

10月 24th, 2016

コンテンツ連動型広告は、出稿してクリックされることで終わりではなく、もちろん物やサービスを購入してもらって初めて自社の利益になります。

そのために大切な作業がLPOというもので、これが出来ているかいないかでコンバージョン率が変わってきます。

ただ、LPOと一言でいっても、本当の意味で最適化させるには難しく、LPOがうまく施されているページはコンテンツ連動型広告の出稿者のなかでもほとんどないのではないでしょうか。

コンテンツ連動型広告は確かに注目度が高いのですが、それだけにいたずらクリックも増えてしまいがちです。
できるだけクリック率と利益率がつながるようなLPO対策が望ましいでしょう。


コンテンツ連動型広告とマイナーキーワード

9月 29th, 2016

コンテンツ連動型広告をのキーワードを入札するときに、ネットマーケティングのなかでもマイナーなキーワードを上手く取り入れることが重要でしょう。

ロングテールと呼ばれるキーワードですが、たとえばこれにはミスタイプによるキーワードなども含まれることがあります。
つまり、表記の揺れをカバーしてコンテンツ連動型広告を表示させることができるわけです。

ですので、キーワード入札の際には、こうしたマイナーキーワードも活用しましょう、ということが言われるわけです。

しかし、その一方、表示させたくないようなところにまでコンテンツ連動型広告が表示されることがあります。
コンテンツと連動していないコンテンツ連動型広告は、いくらLPOを施していてもいたずらクリックが増え、費用がかさむだけでしょう。


コンテンツ連動型広告と検索連動型広告の違い

8月 25th, 2016

コンテンツ連動型広告はキーワード広告の一種ですが、検索連動型広告とは違います。

コンテンツ連動型広告とは、ブログなどに表示されるGoogle Adsenseのようなもののことをいいます。
コンテンツ連動型広告では、登録キーワードにそって出現させることができ、自分の出稿が的確であるかどうか、レポートによって判断することができます。

コンテンツ連動型広告を出現させるためのキーワードは、必ずしも商品やサービスの関連用語ではないこともあります。

コンテンツ連動型広告の表示先のことをイメージし、的確なキーワードで表示させることが、コンバージョンを高めていくことになるでしょう。
他のコンテンツ連動型広告のなかに埋もれていては、利益率があがりません。