アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

1月 18th, 2016

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


コンテンツ連動型広告の基礎

2月 10th, 2016

アドワーズ広告には検索連動型広告とコンテンツ連動型広告があります。
コンテンツ連動型広告とは、広告出稿者側が事前に登録(入札)したキーワードにそって出現する広告のことです。
コンテンツ連動型広告が出現するのは、検索サイトの検索結果ページ以外のコンテンツです。
たとえばユーザーが無料で開設できるホームページやブログなどには、ほとんど、このコンテンツ連動型広告の表示機能がサービス提供者側から組み込まれており、ネット上にあふれる多くのブロガーやホームページ開設者の助けによってコンテンツ連動型広告は表示されます。
コンテンツ連動型広告は、つまりブログやホームページの内容(キーワード)と連動して表示される広告です。
閲覧する訪問者からみると、コンテンツ連動型広告は、文字通りコンテンツと連動して表示される広告であるため、違和感が少なく、クリック率も高いとされています。


アドワーズ広告、基礎の基礎

1月 18th, 2016

アドワーズ広告とは、キーワード連動(コンテンツ連動)型のPPC広告の一種であり、検索サイト大手のGoogleが提供している広告表示媒体サービスです。
アドワーズ広告は、PPC広告のなかでもさらに大手の一つであり、その広告宣伝の効果は定評があるようです。
しかし、このアドワーズ広告は、ただ出稿しているだけでは売上につながりにくいどころか、広告にかかわるキーワードによっては出稿料がかさんでいくだけ、といった恐れがあります。
アドワーズ広告を効果的につかいこなすには、ネットマーケティングの素養や、その他工夫が欠かせません。
その努力さえ間違わなければ、アドワーズ広告は非常に有効な広告手段になるのです。


キーワード広告と徹底した情報収集の必要性

12月 11th, 2015

キーワード広告用語に限らず、IT関連用語をマスターするためには、関連する専門用語に繰り返し接することがポイントになります。そのためには、それらの情報との接触を根気よく繰り返すことと、そして、一部の情報を鵜呑みにしないことも大切です。

インターネットで情報収集するときは、複数のサイトを見て回りますが、たまたま参考にしたサイトの情報が偏っていることもあります。

それによる誤ったままの情報を収集しないためにも、少しでも疑問に感じた文言があると、徹底的に調べ直すようにしましょう。

ちなみに、キーワード広告を例にすると、この広告には検索連動型広告というイメージが強くありますが、コンテンツ連動型広告も対象になることに気付くことが大切なのです。


キーワード広告の理解度を確認するためには

11月 2nd, 2015

オンラインショップ運営に大きな役割をもつ、キーワード広告や関連用語、サイトづくりに必要な専門用語などを一度に覚えることは、ほんとうに大変です。また、専門用語などを丸暗記しただけでは、自分のものとして、キーワード広告を実践するために活用することは難しいといえます。ものごとを理解するためには、点から線へ、線から面へというステップがあるといわれます。

ただし、その進み方には個人差がありますので、最初は時間が掛かっても、あるステップに達すると理解度が加速化するという人もいます。

オンラインショップを運営するために、必要な専門用語をどれだけ理解しているかは、閲覧経験のあるサイト記事を再訪問することで、自分の理解度を確認することもできます。