アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

6月 25th, 2015

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


キーワード広告の専門用語を理解するために その(2)

6月 25th, 2015

IT関連の専門用語を理解するためには、「話しことば」に変換して、自分なりのことばで表現できるかが大きなポイントになります。

極端な表現になるかもしれませんが、難解な数学の公式を覚えても、日常生活のなかで応用できないと自分のものにはならないのです。

インターネットが普及した時代でも、講演会やセミナーが人気なのは、テキストに沿った内容よりも、むしろ、テキストに記載されていない講師の話に興味があるからです。

オンラインショップを経営するためには、キーワード広告の有効活用は必要で、それに関連した専門用語をマスターすることも大切です。

そのためには、実際にキーワード広告をだすことで、関連する専門用語も含めて自分のものにできるのです。


キーワード広告の専門用語を理解するために その(1)

6月 3rd, 2015

ネットビジネスで成果をあげるには、IT関連の専門用語を理解することが大切です。

また、IT関係でトラブルが発生したとき、サポートセンターに照会するためにも、最低限の専門用語を知っておかないと、フリーダイヤルの段階でつまずいてしまいます。

そのために、IT関連用語を丸暗記する人もいますが、ほんとうの意味で理解するためには「自分のことば」で表現できるようにする必要があるのです。

「キーワード広告」ということばは「検索連動型広告」や「PPC広告」と同義語ですが、その特徴についても、自分のことばで納得することができてこそ意味がありますね。

そのためには、わかりにくい専門用語や日常的に疑問に感じる用語を使うときは、まずは意味を調べる習慣づけから始めましょう。


専門用語と現場の声 (2)

5月 11th, 2015

「キーワード広告」に関連して「バナー広告」があり、その違いについて説明されている事例があります。

その説明には、「Gif」や「Swf」などの画像ファイル名が記載してあり、また、画像サイズに「ピクセル」という用語が使われていました。

もちろん、それらの専門用語を使うことは情報共有のためには必要ですが、難解な専門用語をさらに近寄りがたいものにしている印象を受けました。

私たちの身近なものには、活字表現では難しいものでも、実際に説明を受けて「話し言葉」で聞くと理解できるものもあります。

キーワード広告などの専門用語を正しく理解するためには、詳しい人に直接教えてもらうことや、IT関係の講習会への参加をお勧めします。


専門用語と現場の声(2)

4月 7th, 2015

「キーワード広告」に関連する専門用語を理解することは、同じ情報を複数の人と共有するためには大切なことです。

以前にもお話しましたが、目の前の相手と同じ資料をみながら情報を共有できる場合はともかく、電話を通じて情報交換する場合は、専門用語は不可欠なことも納得できます。

キーワード広告をだす人は、ネットマーケティングに詳しい人が多いようですが、一方、広告文の作成から諸々の手続きのすべてを代行業者に依頼する人もいます。

そういう人たちにとっては、難解な専門用語は敷居が高いものであり、近寄りがたいものになってしまいます。

ネットビジネスで成果をあげるには専門用語が必要ですが、もう少しわかりやすい表現はできないものかと思ったりします。