アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

2014年4月4日

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー

キーワード広告と徹底した情報収集の必要性

2014年4月4日

キーワード広告用語に限らず、IT関連用語をマスターするためには、関連する専門用語に繰り返し接することがポイントになります。

そのためには、それらの情報との接触を根気よく繰り返すことと、そして、一部の情報を鵜呑みにしないことも大切です。

インターネットで情報収集するときは、複数のサイトを見て回りますが、たまたま参考にしたサイトの情報が偏っていることもあります。

それによる誤ったままの情報を収集しないためにも、少しでも疑問に感じた文言があると、徹底的に調べ直すようにしましょう。

ちなみに、キーワード広告を例にすると、この広告には検索連動型広告というイメージが強くありますが、コンテンツ連動型広告も対象になることに気付くことが大切なのです。

キーワード広告用語「リスティング広告」

2014年3月10日

キーワード広告用語で、リスティング広告といった言葉もよく耳にします。
リスティング広告とは、つまり、キーワード広告・検索連動型広告と同義です。

別名ではペイド・リスティングサービス(paid listing services)ともいい、検索エンジンの検索結果に自サイトの広告を表示してくれます。

主なものにはアドワーズ広告やオーバーチュア広告があり、課金の方式はPPCであることがほとんどです。

検索エンジンに入力したキーワードにそって広告が配信されますので、ユーザーにとっても情報価値が高いとされ、クリック率などにも効果が上がっているとされています。

キーワードの単価は人気のあるものだと入札式で決められます。

キーワード広告用語「コンバージョンレート」

2014年2月10日

◇コンバージョンレート◇
キーワード広告においてコンバージョンレートとは、キーワード広告の出稿でかかった広告費と利益との割合をさすものです。
利益といっても意味合いはひろく、ネットショップの運営で利益といえば商品の売り上げになるでしょうが、会員制サイトなどの利益といえば会員登録になります。
また、ネットショップなどで商品は買われなかったものの、「メールマガジン登録」してもらえればそれも利益といえるかもしれません。
どこを利益ととらえるかはケースバイケースですが、ひとまずキーワード広告にかけた広告料に、充分なだけの見返りがあるかどうかは常に意識しておきましょう。
キーワード広告は出稿した時点で終わりではないのです。

キーワード広告と広告表現

2014年1月9日

キーワード広告において、広告表現はキモです。
ほかのバナー広告などと違って、キーワード広告は広告としての範囲が非常にせまく、また、ほとんどの場合、文章表現しか許されていません。
つまり、インターネットユーザーの心理をわしづかみにするような短文表現こそが命です。
キーワード広告は、現状多くがPPC広告の形をとっています。
このことは、クリックされなければ広告費が課金されないことを意味する一方、クリックされなければ広告としての存在意義がなくなってしまいます。
他にも気を配るべき要素はたくさんあるのですが、そうした意味で、キーワード広告は「まずクリックさせることが命」といえるのではないでしょうか。