アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

9月 29th, 2016

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


コンテンツ連動型広告とマイナーキーワード

9月 29th, 2016

コンテンツ連動型広告をのキーワードを入札するときに、ネットマーケティングのなかでもマイナーなキーワードを上手く取り入れることが重要でしょう。

ロングテールと呼ばれるキーワードですが、たとえばこれにはミスタイプによるキーワードなども含まれることがあります。
つまり、表記の揺れをカバーしてコンテンツ連動型広告を表示させることができるわけです。

ですので、キーワード入札の際には、こうしたマイナーキーワードも活用しましょう、ということが言われるわけです。

しかし、その一方、表示させたくないようなところにまでコンテンツ連動型広告が表示されることがあります。
コンテンツと連動していないコンテンツ連動型広告は、いくらLPOを施していてもいたずらクリックが増え、費用がかさむだけでしょう。


コンテンツ連動型広告と検索連動型広告の違い

8月 25th, 2016

コンテンツ連動型広告はキーワード広告の一種ですが、検索連動型広告とは違います。

コンテンツ連動型広告とは、ブログなどに表示されるGoogle Adsenseのようなもののことをいいます。
コンテンツ連動型広告では、登録キーワードにそって出現させることができ、自分の出稿が的確であるかどうか、レポートによって判断することができます。

コンテンツ連動型広告を出現させるためのキーワードは、必ずしも商品やサービスの関連用語ではないこともあります。

コンテンツ連動型広告の表示先のことをイメージし、的確なキーワードで表示させることが、コンバージョンを高めていくことになるでしょう。
他のコンテンツ連動型広告のなかに埋もれていては、利益率があがりません。


コンテンツ連動型広告とランディングページ

7月 28th, 2016

コンテンツ連動型広告とLPO(ランディングページ最適化)はとても深い関係があるといってよいでしょう。コンテンツ連動型広告はユーザーの興味をひきやすいというメリットがありますので、それをより利益につなげる工夫を施さなくてはいけません。それがLPO(ランディングページ最適化)です。
しかし、LPOという言葉だけを知っていても、効果的にその作業を施せているランディングページはまだまだ少ないようです。
コンテンツ連動型広告も広告同士で競合がありますが、このLPOを研究しコンバージョンレートを高めることこそが大切です。
コンテンツ連動型広告も、ただ漫然と出稿していたのでは広告料をとられるだけで終わってしまいます。


コンテンツ連動型広告のデメリット?

6月 28th, 2016

コンテンツ連動型広告はメリットがたくさんあるように思えます。しかし、本当にメリットしかないのでしょうか。コンテンツ連動型広告を出稿するデメリットを考えてみましょう。
コンテンツ連動型広告のデメリットは、出現が自然すぎるということにあるかもしれません。自然で、かつ興味をひくような広告文でないとクリックしてもらえなかったりします。
また、コンテンツ連動型広告を出稿しても、コンバージョンレートが上がらないのは意味がありません。空クリックを防ぎ、コンバージョンレートをあげるには、ユーザーの心理を学ぶ必要があり、ネットマーケティングやLPO(ランディングページ最適化)のための素養がたいへん重要になってきます。