アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

2015年4月3日

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


専門用語と現場の声(2)

2015年4月7日

「キーワード広告」に関連する専門用語を理解することは、同じ情報を複数の人と共有するためには大切なことです。

以前にもお話しましたが、目の前の相手と同じ資料をみながら情報を共有できる場合はともかく、電話を通じて情報交換する場合は、専門用語は不可欠なことも納得できます。

キーワード広告をだす人は、ネットマーケティングに詳しい人が多いようですが、一方、広告文の作成から諸々の手続きのすべてを代行業者に依頼する人もいます。

そういう人たちにとっては、難解な専門用語は敷居が高いものであり、近寄りがたいものになってしまいます。

ネットビジネスで成果をあげるには専門用語が必要ですが、もう少しわかりやすい表現はできないものかと思ったりします。


専門用語と現場の声 (1)

2015年3月3日

「IT関係」には、どうしても難解な横文字の専門用語が多く、理解する以前に、そのことばを覚えるだけでも一苦労します。

それらの難しい専門用語を鵜呑みにするのではなく、それを自分のことばで表現できなければ意味がないのです。 
 
「キーワード広告」を出稿するためには、関係する最低限の専門用語を自分のものにしなければなりません。

しかし、類似の専門用語が多いため、同義語かどうかの判断に迷うことがあります。

ここのテーマで取り上げた「キーワード広告」の場合も、「PPC広告」「リスティング広告」「検索連動型広告」などの呼び名があります。

どこの世界でもいえることですが、その道の専門家と現場の声とのギャップがあるようです。


専門用語の必要性(3)

2015年2月5日

それにしても、キーワード広告などのネット広告に関して、難しい専門用語がたくさんあることに改めて感心しています。

専門用語は、ただ丸暗記すれば実践で役立つものではありません。
自分のことばに置き換えて人に説明できなければ、ほんとうに理解できたとはいえないのです。

ある知人の勤め先の上司は、英文科卒の新入社員に「英語でけんかができるか?」と聞いたといいます。
たしかに乱暴とも取れる質問ですが、英会話を自分のものにするには、マニュアルにない部分が求められるのだと知ったエピソードです。

ネットビジネスの世界において、キーワード広告などを出す場合、専門用語の習得はやはり必要です。
疑問に思う専門用語は、その都度調べるようにしたいですね。


専門用語の必要性 (2)

2015年1月7日

日常生活のなかで難解な専門用語を必要とする場面は、キーワード広告などIT関連の専門用語だけではありません。

たとえは飛躍しますが、盲導犬を育成するとき、犬に指示することばには英語が使われています。
「レフト」「ライト」という短い単語を使うことにより、犬が混乱することを避けられるからです。
 
専門用語を使う大きな理由は、お互いの情報を共有するためです。
また、目の前の相手と対話するのだったら、対象物を指差して意思の疎通をはかることができますが、物理的距離がある場合は専門用語なしでは話が進まないのです。

キーワード広告を出すときや、ネットマーケティングをするときのためにも、難しい専門用語にチャレンジしましょう。