アドワーズ広告なら平賀正彦のリアルタイム無料診断とメルマガ

6月 28th, 2016

アドワーズ広告お考えであれば、平賀正彦のリアルタイムコンサルティングとメルマガを是非ご参考にしてください。

1.今すぐ相談できる平賀正彦のリアルタイムコンサルティング

詳しくはこちらをクリックしてください。

2.集客 請負人・平賀正彦のメルマガ(週刊)

ただいまご登録いただきますと、売れるホームページの無料テンプレートをプレゼントいたします。

押忍!インターネット起業家道場

※メルマガバックナンバー


コンテンツ連動型広告のデメリット?

6月 28th, 2016

コンテンツ連動型広告はメリットがたくさんあるように思えます。しかし、本当にメリットしかないのでしょうか。コンテンツ連動型広告を出稿するデメリットを考えてみましょう。
コンテンツ連動型広告のデメリットは、出現が自然すぎるということにあるかもしれません。自然で、かつ興味をひくような広告文でないとクリックしてもらえなかったりします。
また、コンテンツ連動型広告を出稿しても、コンバージョンレートが上がらないのは意味がありません。空クリックを防ぎ、コンバージョンレートをあげるには、ユーザーの心理を学ぶ必要があり、ネットマーケティングやLPO(ランディングページ最適化)のための素養がたいへん重要になってきます。


コンテンツ連動型広告の爆発的普及

5月 13th, 2016

コンテンツ連動型広告が爆発的に普及したのは、やはりGoogle Adsenceの登場以降でしょう。コンテンツ連動型広告は、今やほとんどのホームページやブログで見ることができます。
コンテンツ連動型広告のいいところは、なんといってもコンテンツと連動した広告だということです。当たり前ですが、このことがどれだけクリック率を高めてくれるかわかりません。また、コンテンツ連動型広告は、見た目にも自然であることが強みでしょう。コンテンツと連動していない文章やキーワードは「邪魔だな」と感じてしまいます。
コンテンツ連動型広告はメンテナンスがいらないことでも設置者に好まれています。アフィリエイトなどのように、リンクをいちいち張らなくてはならないわけではありません。


コンテンツ連動型広告の上手な使い方

4月 11th, 2016

コンテンツ連動型広告は、ほとんどのサービスがPPCであるため、クリックされなければ広告料が発生しません。
しかし、商品を購入しない空クリックだけが増えれば、それだけコンテンツ連動型広告の広告料だけがかさんでいくことになります。
それを避けるために用意するのが、コンテンツ連動型広告によって喚起された購買欲を維持するための「ランディングページ」なのですが、これを最適化(訪問客の興味をひくように)する技術を「LPO」といいます。
しかし、コンテンツ連動型広告に加えて、このLPOをほどこしても、的確に訪問客の購買欲をシューティングできなければ意味がありません。
コンテンツ連動型広告に的確なLPOをほどこすには、ネットマーケティングの知識が必要です。


コンテンツ連動型広告だけでは不充分?

3月 11th, 2016

コンテンツ連動型広告は、キーワード広告などとも呼ばれ、ブログやホームページの内容(コンテンツ=キーワード)にともなって表示される広告の方式です。
コンテンツ連動型広告は、そのほとんどがPPC方式であるため、クリックされなければ広告料が発生しません。初期費用はかかるのですが、維持費がとてもおさえられるのがコンテンツ連動型広告です。
コンテンツと連動しているため不自然な感じが少なく、クリック率も高いのですが、そのいっぽうで、クリックだけされて商品を買ってもらえないとコンバージョンが上がらない、という結果にもなりがちです。
そこで、購買欲を維持させるために必要な技術がLPO(ランディングページ最適化)ということになります。